日本食糧新聞社WEBサイトに掲載2

繁盛店のまかない「海里(みさと)」 「うろこ煎餅」からヒントを

 

以下、記事抜粋

当初は、刺身の盛り合わせを注文したお客に、ウロコに粉を付けて揚げたものをサプライズで提供していた。それを砕いて干しエビ、ジャコ、塩昆布などを加えたのが「やみつきウロコのふりかけ」だ。

砕く前でも、ウロコとは気づかない。一口食べると、揚げているのでサクサクした食感と香ばしさがあるが、正体は不明。

「魚のウロコ」と知ると意外性と発想のユニークさに驚く。